簡単!シフォンケーキの作り方【動画あり】

         

簡単にお菓子作りができる「シフォンケーキ」の作り方を紹介します。

ふわふわでおいしいスイーツです。生クリームでデコレーションして食べると、おいしいですよ。型からの外し方が難しいですが、今回は紙製の型を使って簡単に作れるようにしています。

材料

直径18センチ シフォンケーキ型 1台分の材料です。

  • 卵黄 64g
  • グラニュー糖 108g
  • バニラビーンズ 適量
  • サラダ油 40g
  • 熱湯 68g
  • 薄力粉 92g
  • ベーキングパウダー 2g
  • 卵白 128g
  • レモン果汁 2g
POINT

グラニュー糖は卵黄と卵白用に分けないと、生地が膨らまないので分けること。

作り方

次の工程があります。

  1. 生地づくり
  2. 焼き上げ

1. 生地づくり

  1. 卵黄にグラニュー糖とバニラビーンズを加えて、ムラがなくなるくらいまで軽く混ぜる。

  2. サラダ油と熱湯を合わせたものを、ボウルに加える。

    POINT

    卵黄に火が入りすぎなようによく混ぜながら加えること。熱湯を加えることで生地の温度が高くなるので、焼いた時に生地の膨らみが良くなる。

  3. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るったものを加え、泡立て器で混ぜる。粉っぽさがなくなるまで、混ぜること。

  4. よく冷やした卵白にレモン汁を加える。

  5. グラニュー糖(分量の3分の1程度)を加える。

  6. ハンドミキサーの高速で3分間混ぜる。そのあと、残りのグラニュー糖を加えてから、さらに1分間混ぜる。

    POINT

    メレンゲの状態は動画を参考にされてください。かなりしっかりと立てています。

  7. メレンゲを泡立て器でひとすくい卵黄のボウルに加えて、混ぜる。ムラなく混ぜたあとゴムベラに持ち替えて、残りのメレンゲを加えて、さっくりと混ぜる。大きなメレンゲの塊がなくなればよい。

    POINT

    メレンゲをすべて加えたあと混ぜすぎないことがポイントです。混ぜすぎると、メレンゲの泡が潰れるので、焼いたときに生地の膨らみが弱くなります。

  8. 型に生地を流し込んだら、型を少し高い位置から落として、余分な空気を抜く。その後、すぐに予熱されたオーブンに入れて焼き始める。

2. 焼き上げ

  1. 190度で予熱しておいたオーブンで、180度で30分間焼く。

    POINT

    生地に火が通る前に温度が下がると膨らんだ生地がしぼむため、途中25分間過ぎるまでオーブンを開けないこと。

  2. 焼き上がったら、すぐに型を逆さにして、粗熱が取れるまで、ケーキを冷ます。冷めたら完成です。

    POINT

    ワインなどの瓶を使って逆さにするのがおすすめです。