徹底解説!ショートケーキの作り方【動画あり】

         

本格的なお菓子作りができる「ショートケーキ」の作り方を紹介します。

お誕生日などイベントで盛り上がる定番のスイーツです。今回は、いちごを使ってデコレーションしました。みなさんが簡単に作れるように、丁寧に解説しています。

材料

16センチ径ケーキ型 1台分の材料です。

スポンジ

  • 全卵 150g
  • グラニュー糖 105g
  • 薄力粉 75g
  • 無塩バター 30g
POINT

全卵 150g は、L玉3個の卵から卵白を除いて、150gに調整すると良いです。

ケーキの中身

  • 卵黄 23g(L玉約1個)
  • グラニュー糖(カスタードクリーム用) 25g
  • バニラビーンズ 適量
  • 薄力粉 10g
  • 牛乳 95g
  • 生クリーム(動物性) 100g
  • グラニュー糖(生クリーム用) 20g
  • 板ゼラチン 3g
  • いちご 1パック

デコレーション

  • 生クリーム(動物性) 100g
  • 生クリーム(植物性) 50g
  • グラニュー糖 30g
  • いちご 1パック
  • ナパージュ 適量(お好みで)
  • アラザン 適量(お好みで)

作り方

次の工程があります。

  1. スポンジ作り
  2. ケーキ中身作り
  3. デコレーション

1. スポンジ作り

  1. 全卵、卵黄、グラニュー糖を混ぜ合わせて、35度まで湯煎する。

    POINT

    湯煎して卵の温度を上げることで、卵が泡立ちやすくなり、生地の温度も上がります。そのため、焼いた時の生地の膨らみが良くなります。

  2. ハンドミキサーで卵をトータル12分間泡立てる。はじめは高速で3分間、一段速度を落として3分間、また一段落として3分間、最後に低速で3分間混ぜる。

    POINT

    徐々に速度を落としながら泡立てることで、泡のキメが細かくなります。

  3. 薄力粉を加えて、粉っ気がなくなるまで、さっくりと混ぜる。

  4. バターを生地にくわえて、混ぜる。バターを重たいので、しっかりと混ぜること。

    POINT

    少量の生地とバターを合わせてから、生地全体に混ぜると混ぜやすいです。

  5. ケーキ型に生地を流し込む。生地を流し込んだあとで、少し高いところから型を落として、生地の中の余分な空気を抜く。

  6. 190度で予熱しておいたオーブンで、180度で25分間焼く。

  7. 焼き上げ後、スポンジを少し高い位置から落とし、スポンジ内から熱い空気を抜く。

    POINT

    スポンジ内の熱い空気が、スポンジを縮めてしまうので、抜きます。

  8. スポンジを少しの間ひっくり返す。

    POINT

    スポンジの自重でスポンジが沈んでしまうので、ひっくり返すことで沈み込みを避けます。

  9. スポンジをケーキクーラーで粗熱がとれるまで冷ます。

  10. ナイフを使って型を回しながら、スポンジを型から外す。

  11. スポンジの上面と低面を薄く切り落とす。

  12. あとでクリームを詰めるため、スポンジを上下に2等分する。

2. ケーキ中身作り

  1. 卵黄、グラニュー糖、バニラビーンズを合わせて、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。

    POINT

    白っぽく空気を含ませることで、後で温かい牛乳を加える時に、卵が煮えることを防げます。また、風味を良くするため、バニラビーンズは中身を出して、さやごと入れるとよいです。

  2. 薄力粉を加えて、粉っ気がなくなるまで混ぜる。

  3. 牛乳を湯気が立つくらいまで、温める。

  4. 牛乳を2回に分けて、卵に加えて、まぜる。

    POINT

    卵が煮えてしまわないように、注意します。

  5. こしながら鍋に戻す。

    POINT

    このタイミングでバニラビーンズのさやを取り除きます。

  6. クリームが焦げないように、手早くかき混ぜながら、加熱する。クリームがボコボコと沸騰してから、10 秒ほどかき混ぜればよい。

  7. カスタードクリームをラップにピッタリと包んで、冷蔵庫で冷ます。

    POINT

    カスタードクリームは乾燥しやすいので、ラップでピッタリと包む必要があります。

  8. グラニュー糖を加えた生クリームを、ハンドミキサーで泡立てる。

  9. ゼラチンを氷水に浸して、ふやかす。

  10. カスタードクリーム半分へよく水を切ったゼラチンを加える。

  11. 電子レンジを使って、ゼラチンを溶かす。

  12. ゼラチンとカスタードクリームをしっかりと混ぜたら、残りのカスタードクリームも加えて、ダマが残らないように混ぜる。

  13. カスタードクリームをハンドミキサーでなめらかにする。

  14. カスタードクリームと生クリームを、2回に分けて加えて、混ぜ合わせる。

    POINT

    分けて加えると混ぜやすいです。

  15. クリームを絞り袋に入れる。

    POINT

    マグカップを使うと入れやすいです。

  16. スポンジの間に詰め込むいちごを、縦半分に2等分する。

  17. スポンジの上にクリームを絞り、その上にイチゴを敷き詰める。余ったクリームをいちごの隙間にクリームを詰める。クリームをゴムベラで平らにならす。

  18. クリームといちごの上にもう一方のスポンジを乗せて、ラップをし、冷蔵庫でゼラチンを冷やし固める。

3. デコレーション

  1. 生クリームとグラニュー糖を合わせて、ハンドミキサーで泡立てる。

    POINT

    動物性の生クリームを使うことで風味と味が良くなります。また、植物性の生クリームを使うことで、デコレーションの形が崩れにくくなります。

  2. 電子レンジで蒸した布巾を、ケーキの型にあてて、ケーキを型から外す。

  3. ケーキ全体に薄く生クリームを下塗りする。

  4. たっぷりの生クリームでケーキ全体を本塗りする。

  5. ケーキの上に生クリームをデコレーションする。

  6. ケーキの上に、いちごを並べる。

    POINT

    ナパージュでいちごに艶を出すと、見栄えが良くなります。

  7. 銀のアラザンでデコレーションして完成。